オスグット・シンスプリント(成長痛)

  • スポーツをして急に足が痛くなった
  • 膝の下の骨が盛り上がってきた
  • 膝が痛くてストレッチも出来ない
  • 走ったりジャンプするとすねが痛くなる
  • すねの内側がきしむような感じがする

周南市 るぽ整骨院のオスグット治療

オスグットの仕組みを知ろう!

まずオスグットは小学校高学年から中学校に多く見られ大半の生徒が、激しい運動(クラブ活動など)をしています。

膝のちょっと下あたりが隆起(膨れる)してきます。

そのような時は、大腿四頭筋(ふともも)が収縮し硬くなります。

オスグットは成長痛の一種です。

 

最新治療器ライズトロンで治療

るぽ整骨院の最新治療器ライズトロンで大腿四頭筋の収縮を緩めていきます。

成長痛は何かをするとすぐに治ると言うものではなく、時間をかけながら痛みを軽減していく事が大切になっていきます。

ストレッチやエレサスも有効!

¹ 本格的なパーソナルストレッチで膝関節調整をします!
² 最新治療器エレサスで微弱電流を流し痛みの軽減をします!
³ ライズトロンで太ももの収縮を緩めていきます!

周南市るぽ整骨院のシンスプリント治療

シンスプリントの仕組みを知ろう!

まずシンスプリントは中学校高学年ころから高校・大学と幅広く発症してきます。

陸上競技の選手や激しい運動を行う生徒に多いです。

すねの内側部分が痛くなって走るのも苦痛になってきます。

原因は下腿部の筋肉が硬くなることにあります。

※すねがあまりにも痛い場合はシンスプリントと決めつけず、疲労骨折の疑いもありますのでまずは病院で診断を受けることが大切です。

最新治療器ショックマスターで治療!

¹ 硬くなった筋肉をストレッチや施術で治療
² 高周波や干渉波電気治療器で痛みを緩和
³ ショックマスターで筋緊張を緩和